映画「ゴースト/ニューヨークの幻」あらすじ

強盗に殺されたしまったサム。モリーは突然に恋人サムをなくして落ちこみ、幸せだった頃のろくろを回したことなど思い出したり、でも何も手が付かない状態だった。そこへ三人で仲良くしていた男性が訪ねてきて励ましたりする。幽霊になったサムは毎日モリーのそばで見守る、オダメイの所へ行きモリーに危険が迫っているとモリーに伝えて欲しいと頼む。嫌がるオダメイにサムは歌を歌ったりオダメイが承諾してくれるまで毎日粘った。姿は見えないがいつも聴こえてくるサムの声に根をあげたオダメイ。モリーの所にいき危険だと告げる。でも信じてもらえないオダメイはすぐに帰る。でもモリーもサムしかしらない情報をオダメイが知っていることに驚いてはいた。信用したいが不安でいっぱいのモリーはオダメイに会いにいく。そして信じてみようと思っていた時オダメイの全科に気が付く。でも全部嘘だとも思えない。だからオダメイを信じてみようと行動を共にする。本当の犯人は友達の仕業だった。強盗に見せかけてお金を証券会社で奪おうと思って策士して、サムを殺せまで行ってないが殺してしまった強盗役の男性を雇っていた。それが分かったサムはモリーが危ないと思い。地下鉄の幽霊にものを動かす方法を学び精進の結果できる。コインを動かせるようになりモリーに空中に浮いたままで渡せる。これでモリーはサムをきちんと認識できた。最後には犯人は死んでサムを目撃して黒い影に連れ去られる。本当の犯人も死んだ。安心してサムは天に召される。感動の作品です。

映画「ゴースト/ニューヨークの幻」感想

何度見ても名作と呼ばれるものだと感じます。これをみると涙なしでは見れません。一生懸命にモリーを思うサムの献身的な行動の仕方。モリー役のデミムーアの可愛さは素晴らしいです。ショートの髪と体のセクシーさのギャップも美しいです。一躍有名にしたんだと思います。このウーピーゴールドバーグの存在と面白さを強く認識した作品でこのあとも色々出てウーピーゴールドバーグの凄さを感じました。面白い役も上手いですし、サムとの掛け合いの面白さは抜群です。嫌がっていても最後はサムのゆうことを聞いて、教会に寄付をするシーンも人間ならそうなるという表情をします。この人の人柄がものすごく出ているスピード感のある危機感もすごく感じてサムがモリーの身を守るハラハラ感と最後に追いかけられるところなど。天国に召される瞬間の光の使い方など本当によくできているなと今見ても思います。昔の作品ですが何度見ても本当に面白いです。是非観ていない方は観て欲しいです。